鳥取県東部の滝 2007
滝谷の大滝南滝雨滝大鹿滝出合の滝雲龍の滝


氷ノ山・扇ノ山の周りにはいい滝が本当に多いが、今回は兵庫県ではなく鳥取県側の滝。
いずれも素晴らしい滝ぞろいである。2日間に渡っての撮影。





滝谷の大滝

        (画像をクリックすると地図が表示されます)

鳥取県八頭郡八頭町妻鹿野
扇ノ山に端を発する細見川にかかる滝。
落差は15mほどだが水量が多く、大きな滝壺から苔むした石を縫って流れる流れは見事に美しい。
徒歩100mほどでアクセスも良く、何度でもよりたい滝だ。
蛇が恩返しの為に娘に乳の代わりに自分の目をえぐって吸わせたという「うわばみの乳やり」伝説がある






南滝 


鳥取県岩美郡岩美町大字小田。小田川支流にかかる滝。
落差30m2段の滝で水量はさほどないが美しい。
公園として整備されていて車で下流側から側までいくことができる。






雨滝


いまさら説明する必要も無い日本の滝百選の雨滝。
夕方時間があったので寄り道してみた。
さすがに水量が多くて豪快。
残念ながら夕方で光量が足らずハイスピードシャッターは切れなかった。
まだ木が茂っていない時期なので雨滝駐車場の少し下から筥滝が遠望できたのが新発見。


布引の滝

雨滝手前の流れ

筥滝

筥滝





大鹿滝


鳥取県八頭郡若桜町大字諸鹿。扇ノ山に端を発する来見野川にかかる滝。落差は25m。
一週前、来見野川を車でそのまま遡ったが、道路が通行止めになってしまっていて諦めた。
あとでよく聞いてみると、西の谷である細見川を遡り、滝谷の大滝を過ぎて右折、広留野高原経由で行くのが通常ルートなのだそうだ。というわけで1週間後にリベンジ。この滝を見るのに二日を要した。

水量が多く水飛沫が凄く迫力に圧倒される。
滝の裏側がぐるりとえぐれていて裏見が出来るだけでなく、苔生した滝の裏側を通って反対側へ行くことさえ出来る。
ただし多少濡れる覚悟が必要。
実はこのあと出合の滝・雲龍の滝方面へ行くために滝つぼの周りの浅い部分を靴をぬらして対岸へバシャバシャ渡ったのだが、滝の裏側を通れば靴をぬらさずに廻ることができた。
東南向きなので朝早ければ虹を見ることが出来ると思う。
この滝はほんとに素晴らしい!






出合の滝


大鹿滝を左岸に渡り下流に170mほど進むと東側からの別の川と合流する。その東の川を遡ると雲龍の滝があるのだが、その合流地点の大鹿滝側と雲龍の滝側両方に滝がかかっているのが出合の滝。
見れたのは雲流の滝側で、落差が25mある。
こちらも豪快だが木々に阻まれて全景をしっかり見ることは出来ない。滝下へ降りるには危険な斜面を降りる必要があるので、今回は上から眺めるだけにした。
僅かに虹を見ることが出来た。






雲龍の滝


出合の滝から450m東側の川の右岸を遡ると雲龍の滝がある。
この道は獣道同様で藪を進まなくてはいけない。
出来れば手袋・トレッキングシューズにスパッツ、さらに目にはゴーグル代わりが欲しくなる。
ただそれほど高巻くわけではなく川から離れないので、道は間違えても戻ることはできるだろう。
滝は見ての通りの幅広の直瀑で落差25m。
水量が多く豪快で3つの滝の中ではハイスピードシャッターが一番良く似合う。
この3つの滝は素晴らしいのまた違う時期に来てみたいと思う。
きっと虹にも出会えるだろう。






    
 

SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO