鳥取中西部の滝

鳥取中西部の滝へ紅葉とともに



権現滝龍王滝久住滝大滝山不動滝福山不動滝鮎返りの滝漆原不動滝今滝不動滝(青谷)湯原滝妙円滝



権現滝



権現滝は鳥取県西部の日南町にあり雄滝・雌滝の二つからなる。
雄滝(左・下流側)は落差19.3m、雌滝(右・上流側)は落差8.3mとのこと
県道107号線脇の案内板を見逃さないように




龍王滝



日野町、滝山公園の奥、滝山神社の御神体。
落差45mもある。
別名「幽霊滝」といい、小泉八雲の怪談話が脇に書いてある。
これを読むとゾッとする
滝山公園の紅葉がなかなかきれいだった。




久住滝



県道286号線沿い
平成3年に発見されたのだそうだ。
落差40mとのことだが、はっきり言って木が生い茂っていて良く見えない。残念。
またこの上にも落差30mの滝があるとのこと




大滝山不動滝




関金町の大滝山観音の御神体で、修行用の滝。
落差35mあるらしいけど、水がほとんど無く修行は出来そうになかった。




福山不動滝



三朝町の奥にある福山不動滝。
県道38号線の不動橋近くから滝に降りる道があるが、かなりの急斜面。
ロープにつかまって進むところもあるので注意が必要。
しかしながら水量が豊かで美しく充分下りてみる価値があった。
2段の滝で下段が18.2m、上段が15.2m。上段は木に隠れていて見えにくいが、下段だけでも清涼感タップリで満足できる。




鮎返りの滝



県道22号線から湯梨浜町羽衣石(うえし)を目指して進み、羽衣石城跡への分岐点過ぎて少しすると写真の案内板がある。どこに滝があるのかと川へ降りてみると、岩の割れ目のようになっているところに滝が落ちていた。
なんといっても形が珍しくなかなか面白い。同行者もえらくお気に入りだった。
落差8.1mで2段とのことだが、そんなにありそうにはない。




漆原不動滝


     パノラマ合成

県道22号線の漆原地区にあり不動明王が脇に祭られている。
今滝の隣りの谷になる。
落差32m、2段だがほぼ直瀑ともいえる滝でとても立派だった。




今滝


      パノラマ合成

同じく湯梨浜町の滝。
落差43mの直瀑で、ほぼ壁面に触れることなく水が落ちてくる。
こんなに美しい滝が鳥取にあるとは知らなかった。
これは一見の価値ありです。




不動滝(青谷町)



鳥取市青谷町にある霊場「御滝山」不動山には「不動滝」「湯原滝」「妙円滝」の三つの滝があるが、そのうちの一の滝といわれる不動滝。脇に不動明王が祭られている。
落差17mだが、残念ながら水量が少なく迫力に欠けた。




湯原滝



二の滝といわれる湯原滝。
こちらは水量が豊かで勢い良く水が飛び出してくる。
落差15mで壁面の苔がとても美しかった。




妙円滝



三の滝といわれる妙円滝。
一見岡山の布滝にも似た凸凹の岩の上を流れ落ちる水の姿は女性的で美しい。
落差15mとのことだが、イメージとしては御滝山のなかで最大という感じがする。
三つの滝の中では一番素晴らしかった。
スローで写せば写真栄えもする。




    
 

SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO