田立の滝へ  

2011年6月、災害のためしばらく通行止めになっていた滝への遊歩道が普及したということで、百選未踏である長野の田立の滝へ行ってみることにした。
そのついでに行った周辺の滝もいくつか御紹介



 田立の滝 (日本の滝百選) 
   ・ うるう滝
   ・ 螺旋(らせん)滝
   ・ 洗心(せんしん)滝
   ・ 霧ヶ滝
   ・ 天河(てんが)滝
   ・ 不動滝 
   ・ 龍ヶ瀬(たつがせ)
   ・ 鶴翼(かくよく)滝
   ・ そうめん滝
 ・ 小野の滝

 ・ 龍神の滝 
 付知峡の滝
   ・ 不動滝
   ・ 観音滝
   ・ 仙樽の滝
 ・ 高樽の滝
 ・ 高時の滝
 ・ 鈴ヶ沢の滝






田立の滝 (長野県木曽郡南木曽町田立) 日本の滝百選

田立の滝は長野県の南に位置していて中仙道からも近い
この日は高速道路1000円最後の土日ということで、前日の夜出発、中央高速の恵那峡S.Aで一泊し、早朝から田立の滝に向かった。
田立の滝オートキャンプ場付近への到着は5:30

田立の滝はひとつの滝の名称ではなく田立にある滝群全部を合わせた名称で、トータルで日本の滝百選に選ばれている。
その近いほうの滝から順に御紹介

 パンフレット






うるう滝 

田立の滝群の中でこれだけ離れて手前にある。
車でうるう滝へ向かった。徒歩は1分。
落差は32m。

 







螺旋(らせん)滝 

うるう滝からメインの滝群の方へ車を走らせ、九十九折の坂道を少し登ったところに粒栗平駐車場がある。
そこへ車を停めて協力金200円を箱に入れてから遊歩道に入る。

駐車場から一つ目の滝「螺旋滝」までは約40分。
メインの遊歩道から右に折れて沢に降りていったところにある。
落差は18m。

 







洗心(せんしん)滝 

螺旋滝分岐から少し上流に洗心滝がある
ただこの滝、木々が生い茂っていて遊歩道からはよく見えない。
落差は5m
個人的には心を洗わなきゃいけないんだけどね(^^;;;

 
   よく見えない

 
    落口







霧ヶ滝 

花崗岩の一枚岩のきれいな滝。
滝の上方には連瀑となっている天河滝がすこし見えている。
落差25m。
どういうわけか写真を撮ろうとしたら、名前の通りあっという間に霧がかかってきた。

 

 
 上に天河滝が見える(帰りに撮影)







天河(てんが)滝 

田立の滝の主瀑といえる滝。
花崗岩の一枚岩を落ち、落差40m、幅13m。
螺旋滝分岐からここまで徒歩20分。

 

 
 天河滝落口より。下に見えるのは霧ヶ滝の落口あたり

 
 帰りに撮影







不動滝
 

天河滝から少し登ると不動吊橋があり、その脇に不動滝が落ちている。
上段は直瀑下段は末広がりになって二条になって落ちるユニークな滝。
落差は22m

 

 


 







龍ヶ瀬 

不動滝のすぐ上流。
きれいな流れでした。

 







鶴翼の滝 
 
龍ヶ瀬のすぐ上流に不動岩展望台への分岐があり、そこに雲上橋がかかっている。
その雲上橋の真下にある滝で、看板も無いので見落としやすい。
落差は5m。

  

  鶴翼の滝







そうめん滝 

鶴翼の滝からすぐのところにある。
看板が無ければそうめん滝という滝だとは多分思わない。
落差は3m。

 

 遊歩道がここで終了していた。
 

残念ながら箱淵にはまだ行けないようだ。

田立の滝はここまでで終了






小野の滝 (長野県木曽郡上松町萩原

田立の滝から北へ40分。寝覚ノ床まであとすこしというところ
安藤広重・英泉の中仙道六十九次の浮世絵の上松で描かれた滝がある。
この小野の滝は落差20mの直瀑。
今は上に線路が通っていてちょっと寂しい感じにはなっているか、素直なきれいな滝。
電車と一緒に撮ったほうがよかったかな

 

 







龍神の滝 (岐阜県中津川市川上

小野の滝から一路国道19号を南に帰り田立をすぎ、岐阜県に入ったところで西に向かう。
ちょうど田立の滝から山をひとつ越えたところに龍神の滝がある。
キャンプ場の中にあり、遊歩道は整備されていて距離も僅か。
水量が多くて水がとてもきれいだった。
落差12m。

 

 

 






付知峡の滝 (岐阜県中津川市付知町

付知峡は木曽川の支流である付知川の源流にある峡谷。裏木曽県立自然公園。
紅葉の名所ということで、観光化されており、土産物屋が駐車場にある。
水がきれいなところだ。
不動滝から仙樽の滝の遊歩道1周コースが約35分。

 コースマップ



不動滝 

付知峡の駐車場から順路どおりに歩いて川の方へ下りていくと轟音が響いている。
不動滝は付知川本流にかかる見下ろす形の滝。水量が多い。
落差は10mほど。

 







観音滝

不動滝の左手の崖に細く落ちる滝。落差20m。

 






仙樽の滝

不動滝の上流、付知川本流の滝。
遊歩道が滝の脇まで続いていて、ここが終点となっている。
落差15m。
帰りは吊橋を渡って帰るのが順路。

 






高樽の滝 (岐阜県中津川市加子母

付知峡から県道486号を付知川沿いに渡合温泉方面に北上すると、約5kmで高樽谷から本流へ落ちてくる高樽の滝を見ることが出来る。落差25m。見事な滝だ。
付知峡から北は車1台しか通れないような狭い道なので、注意が必要。
また、谷が深いために自分の車のナビはこのあたりで位置を見失ってしまい、道を間違いそうになった。

  この看板があれば道は正解

  

  水がきれい

階段を下りていくと展望台があって正面に見ることが出来る。
ただこれ以上は近づけない。
  滝壺は付知川







高時の滝 (岐阜県中津川市加子母

高樽の滝から少し進むと左手の斜面から落ちてきている。
このあたりは崖の中腹を道路が通っているが、道路が滝を横切っているので。
落差は15mくらい。

 







鈴ヶ沢の滝 (岐阜県中津川市加子母

高時の滝からさらに上流域に「しでの木遊歩道」というのがあって、そこに落ちている。
 
 
ただ残念ながら道路からは木々に邪魔されてほとんど見えない。
良く見ると水が動いてるのがわかるんだけどね、写真じゃさっぱり
 
  うーん・・・



    
 

SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO