風景撮影に最適な標準レンズは      canon APS-C向け標準レンズの調査 

 
 滝をはじめとする風景を撮影する際に一番使用するのはやっぱり標準ズームだ。
銀塩換算で28mm〜75mmといった焦点距離を持つレンズが一番使用頻度が高い。
その中でも特に使用頻度が高いのは28mm〜35mmあたりの広角域だと思う。
APS-C規格のデジタル一眼レフカメラの場合は20mm近辺ということになろう。

一方風景撮影の場合は被写界深度を深くするために絞りをF8〜F11の範囲で撮影することが多いわけだが、それはこの範囲のF値で撮影すればどのレンズの場合でも比較的シャープに撮影できるということもある。
しかし滝の飛沫の撮影のように速いシャッタースピードがどうしても欲しい場合や手ブレの心配がある場合などでは絞りを開けざるを得ない(F値を小さくせざるを得ない)ことだってある。ISOをあげるとノイズが気になってくるからだ。
そんな場合だって全域シャープに写って欲しい。

ということから今回は広角20mm域の焦点距離でF値は(F8の4倍のシャッタースピードとなる)F4の場合に全域シャープに撮影できるレンズはどれなのかということに特に着目して手持ちのレンズの解像感を調査してみた。



今回使用したレンズは 

 ・EF-S17-55mm F2.8 IS USM
 ・EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM
 ・EF-S18-55mm F3.5-5.6U USM
 ・sigma 18-50mm F2.8 EX DC MACRO
 ・sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC
 (参考)
 ・EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
 ・sigma 20mm F1.8 EX DG ASPERICAL RF
 ・EF50mm F1.4 USM

テスト撮影はフレーム内すべてを50m以上の動かないものとし、被写界深度が無視できるような状態で行っている
使用カメラ:kissDN。 三脚、ミラーアップ撮影
設定:JPEG L-fine、露出±0、AWB、現像パラメーターはコントラスト(-2)を除きすべて±0

とにかくサンプルをごらんあれ




20mm

  


クリックで等倍表示
  F2.0 F2.8 F4.0 F5.6 F8.0
(参考)
sigma
20mm
F1.8
EX DG
EFs
17-55mm
F2.8
IS USM
 
 
sigma
18-50mm
F2.8
EX DC
MACRO
 
 
EFs
17-85mm
F4-5.6
IS USM
   
   
EFs
18-55mm
F3.5-5.6
U USM
   
   
sigma
18-200mm
F3.5-6.3
DC
   
   
(参考)
EFs
10-22mm
F3.5-4.5
USM

(F4→F4.5)
   
   




50mm

  

クリックで等倍表示
  F2.0 F2.8 F4.0 F5.6 F8.0
(参考)
EF
50mm
F1.4
USM
EFs
17-55mm
F2.8
IS USM
 
 
sigma
18-50mm
F2.8
EX DC
MACRO
 
 
EFs
17-85mm
F4-5.6
IS USM
     
     
EFs
18-55mm
F3.5-5.6
U USM
      
      
sigma
18-200mm
F3.5-6.3
DC
      
      





結果
  
  20mm、F4.0 50mm、F5.6 色収差
順位 中央解像力 周辺解像力 中央解像力 周辺解像力  
1位 sig20mmF1.8
EFS10-22
sig18-50M
EFS17-55IS
EFS18-55U
sig20mmF1.8
EF50mmF1.4
EFS17-55IS
sig18-50M
EFS17-55IS
sig18-50M

EF50mmF1.4
sig20mmF1.8
EFS10-22

sig18-50M
EFS17-55IS
2位
3位 sig18-50M
4位 EFS10-22
EFS17-85IS
EFS18-55U EFS18-55U
5位 EFS18-55U sig18-200 sig18-200 EFS18-55U
EFS17-85IS
sig18-200
6位 sig18-200 EFS17-55IS EFS17-85IS EFS17-85IS
7位 EFS17-85IS sig18-200    
 ※ F8まで絞ると、どのレンズもほとんど差は無い

(2008.3.9)
広角20mmで安定して周辺まで解像力が高い標準ズームレンズは 「 EF-S18-55mm F3.5-5.6 UUSM  」
なんと一番チープなレンズが勝利するという驚くべき結果となった。

(2008.3.26)
canonへ調整依頼していたEFS17-55ISが戻ってきて、片ボケしていたsig18-50mmF2.8も新品と交換になった。
現時点で広角側はsig18-50mmF2.8EF-S18-55mmUがTOPということになる。
sig18-50はピント精度でやや劣るので、EFS18-55Uが実質的にはTOPと言っても良いかもしれない。
ただし色収差が目立つような状況での撮影ではあまり得意ではない。
中央解像力については順位ほどの差は無いが、周辺解像力については一目でわかるほどの差がある。
 


    

SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO