たどりついた山用の軽量三脚はこれ      試行錯誤の末の三脚論   2019.12



そもそも三脚というものは、安定性を考えると重い方が良いに決まっている。
でも私の場合、メインである滝撮影は山歩きとセットになることが多く、できれば重い三脚を持って山は歩きたくない。
滝巡りを続けていく中で、試行錯誤の末にたどり着いた最適な三脚をご紹介。


私の最初の三脚はカメラ屋の店員さんの勧められるままの、ベルボンのN545相当であるハクバ HG-504MXだった。

  HG-504MX

25mm4段のカーボン三脚で3Way雲台であるPH-G40が付いたもの。重量は1900g耐荷重3kg
それにレグポシェットを追加で買って、それを肩に担いで山に登った。
当時のカメラはEOSkissX2。
当初はそれでなにも問題もなく気にもしていなかった。
厳しい場所にあまり行かなかったからだった。



ところが行く山が深く厳しくなってくると、その内にレグポシェットで三脚を肩に担ぐことが負担になってくる。
自然と三脚はリュックに固定するようになり、重さも気になるようになってきた。

そこで購入したのが、Slik スプリントPRO 3Way だった

  スプリントPRO 3Way

アルミ製の20mm4段で重量は僅か1100g最大搭載質量2kg
スローシャッターで滝を撮影しても、特に問題は感じたことはなかった。
このスプリントPRO3wayを利用していた時期はとても長く続くことになる。
この三脚は現在(2019年)も型式を3型に変えて販売されているが、とても良い三脚だと思う。
重いレンズを使用するときは、なるべく一番下の細い脚は延ばさない。ミラーショックが起こるようなシャッタースピードでは使用しないというのが使うコツだった



しかし、使用カメラがEOS6DおよびEOS70Dとなり、さらに夜の撮影などで使うレンズが徐々に重くなっていって、結局この三脚では長時間露光に不安を感じるようになってくる。
そこで1ランク上の、VELBON シェルパ445を購入

  シェルパ445

アルミ製の23mm4段の3way雲台付きで重量は1430g推奨積載質量2kg。(脚最大荷重4kg)
ところがこの三脚、別ページで紹介したように、スプリントPROと安定感が変わらない
それでこの三脚はすぐに手放すことになった。



次に購入した三脚が SLIK カーボンスプリント634FA

  カーボンスプリント634FA

カーボン製の22mm4段。自由雲台付き。重量は1190g最大搭載重量3kg
この三脚は安定度においては25mmカーボン三脚とほぼ同じで、アルミ製の23mmと比較すると、とても制振性に優れている。
EOS70DにEF70-200mmF4を付けた状態での使用もまず問題ない。
雲台が3wayから自由雲台に変わった直接原因は、このカーボンスプリントに3wayの設定が無かったことだけれど、このSBH-280BKNという雲台は使ってみるととても操作しやすくて安定感も抜群。
自由雲台はパン棒が木の枝に引っかかったりしないので、そっちのメリットも感じて、以降はすべて自由雲台の三脚を選ぶことになった。
この三脚はとても良いので現在も使用しているのだけれど、あるときカメラを固定するネジ部を締め付けすぎて破損してしまったために、今は同じサイズでクイックシュー付きのSBH-280E BK(最大搭載荷重5kg)という雲台に交換している。 

  SBH-280E BK

この組み合わせはEOS70Dを持って山へ行くときのベストな組み合わせとなった
尚、2020年1月現在ではSLIKからこの組み合わせのセットは販売されておらず、ライトカーボンE64を購入した後に雲台をSBH-280Eに交換するしか手に入れる方法が無い。





新たな問題

このカーボンスプリント634は山用の三脚としてとても良いのだけれど、新たな問題として、リュックよりも縮長が長いために脚がはみ出てしまうということが気になっってきた。

実はリュックに三脚を固定する際は流行りのセンター付けにはしない。これはリュック外側のセンターに取り付けるとリュックの重心が身体から離れてしまい、後ろに引っ張られることから歩行時に負担が大きくなることによる。(なぜ三脚センター付けのカメラリュックがたくさん販売されているのかがわからない)
以前、大杉谷を歩くときに三脚をセンター付けにしたために妙に疲れたことがある。
さらには夜に撮影を行う際などは、撮影枚数を増やすためにカメラ二台と共に三脚二本をリュックにつけて持ち歩くことがある。

従って、背中の近くに取付けられるリュック両サイドのポケットに脚を入れて結局三脚を固定することになるわけだけれど、そうすると今度は脚の上部がリュックからはみ出てしまい、倒木をくぐったりヤブコギをするときに枝やツルがその三脚の出っ張った部分に引っかかってしまうことが時々起こる。運が悪いと前になかなか進めないなんてことがあるのだ。

というわけで、こんどは縮長が短い三脚が欲しくなった。
縮長はリュックのサイズにもよるが最低でも480mm未満、出来れば400m程度のものが理想となる。
尚、三脚の伸縮はレバー式ではなくナット式の方が枝やツルに引っかかる恐れが少ないのでベターである。

またこの頃、カメラが一眼レフからミラーレスに代わるという変革があった。
使用する機材はEOS6DからEOSRへ、そして山へ行く際のカメラは主にEOS70DからEOSM6となり、レフ機を使用する機会が激減することになって、撮影する際のミラーショックを考える必要が無くなったのだ。

  EOS R   EOS M6

ミラーレスカメラならもしかするとカーボンスプリント634FAまで必要ないかもしれない。

そうなると、もう少しプアで軽い三脚でも山での撮影に耐えられる可能性がある。
縮長を第一に考えて、こんどは雲台反転式の三脚を検討することになった。



そこで購入したのが SLIK エアリーL100

  エアリーL100

  SBH-100DQA

アルミ製の20mm4段の反転式の三脚。重量は980g縮長は417mm
SLIKのホームページではミラーレスで標準レンズなら使用可、最大搭載重量1.5kg(推奨積載質量ではない)ということになっている。
脚部分はスプリントPRO3wayとほぼ同じ。
しかし実際にモノを見てみるとこのSBH-100 DQAという雲台とクイックシューは最大搭載重量1.5kgという割にはあまりに貧弱だった。
試しにEOSRにEF16-35mmF4LISという広角レンズを付けてみたところ、いくらクイックシューを締め付けてみても縦撮りにするとコルク部分がレンズの重みに負けて緩んでしまい、終いにはコルクが捩れてしまった。

そこでヨドバシカメラの店員さんに相談したところ、L型ブラケットを使用するか、もしくは1ランク上のSBH-180 DSに付け替えるのが良いというアドバイス。この雲台なら反転する際に邪魔にならない
SBH-180 DSという雲台は最大搭載重量3kgとなっているものの、コルク面自体の面積はSBH-100DQAとほぼ変わらないのでとても不安ではあるが、3kgという数字を信用して思い切って買ってみることにする。

もしEOSRが無理ならEOSM6専用になっても構わないと割り切った。また、この雲台はアルカスイス互換型なので、同じくアルカスイス互換型のL型アングルを持っておけば、取付の手間は僅かだし問題はないだろう。
アルカスイス型というのはクイックシューを片側からネジで回して面で押さえつける方法なので、レバー式のように緩んでしまうことが無く安定性が高い。一方で締め付ける手間は2-3秒多くかかるのが欠点ではある。

  SBH-180 DS  L型ブラケット

雲台が届き、実際にEOSR+EF16-35で縦撮りのテストをしてみる。
しかし想像していた通りクイックシューの面積が小さいためにカメラがお辞儀してしまった。

一方、EOSM6+EFM55-200やEFM11-20なら軽いのでそんなことは無く、お辞儀なんかしない。大丈夫だ。
どうしてもEOSRで縦撮りの時はL型ブラケットを使用すればよい。
そう思って念のためにEOSM6にキットレンズであるEFM55-200を取り付けて望遠でのテストを実施。
最近のカメラは撮影時に被写体を10倍まで拡大することが出来るので、モニターを見ながら揺れを確認する。
三脚使用時はリモコンを使用するのは面倒なので、普段2秒セルフタイマーにして撮影するのだが、なんとカメラから手を放した後に2秒経過してもまだ揺れが収まらない。
縦撮りでもないのに、カメラから手を放してから完全に揺れが収まるのにおよそ6秒もかかってしまった
なんだこりゃ!役に立たないじゃないか。毎回10秒セルフで撮影しろというのか

結局のところ、このエアリーL100という三脚はAPS-Cミラーレスカメラでも望遠レンズでの撮影は無理だという判断となった。
アルミ製の三脚ではやはり振動を収める能力が不足しているようだ。
というわけでこの三脚も手放すことになる。
(振り返ってみると、同じサイズの脚を持つスプリントPROも望遠レンズは無理だったということになる)

さて、スリックにはエアリーカーボン644という22mm径のカーボンの反転式三脚があるのだけれど、その雲台が前述のSBH-180DSとなっているので問題外となる。雲台のサイズを大きいものと交換すると反転が効かなくなってしまう。



次に購入した三脚が VELBON UTC-53UAS

  UTC-53UAS

  QHD-S5AS

カーボン製26mmウルトラロック式5段。1330g縮長は僅か350mmだ。推奨積載質量3.5kg。(最大耐荷重ではない)
これまでの反省を生かし、カーボン製の一番小さな反転式三脚で雲台の有効面積の大きいものとなると、まずはこれだった。
この雲台QHD-S5ASはクイックシューの縦横サイズがSHB-180DSの2倍。またアルカスイス互換型なので、前に購入したSHB-180DSのクイックシューやL型ブラケットが無駄にならない。
三脚のボディーは鉄やアルミではなくマグネシウム。少々お高くてさらに重量も350gも重くなってしまったが、やむを得ない。
尚この三脚、脚の径は26mmということになっているが、ウルトラロック式の5段なので一番下の細い脚は11mmとカーボンスプリント634FAとほぼ同じ径である。
初めて使用するウルトラロックは脚の伸縮はとても簡単で素早くできて良いのだけれど、5段でのブレがどうなのか少し心配だ。

早速、EOSM6にEFM55-200を付けてブレの確認。
カメラから手を放してから1秒程度で揺れは終息した。さすがにカーボンの三脚!
そしてEOSRにEF16-35mmF4LISを付けての縦撮りもクイックシューのサイズが大きいのでお辞儀せず問題なし。
さらにEOSRにEF70-200mmF4LISを付けて縦撮り。これでも揺れは2秒未満
さらにさらにEOSRに三脚座付きのEF400mmF5.6LとEF1.4Xを付けて撮ってみても揺れは2秒未満!
別に自分の持っている32mm径のカーボン三脚でも揺れが収まるのに1秒以上はかかるので、この実力はたいしたもんだと思う。
この細い脚で制振性がこれほどあるとは・・・カーボンとアルミの材質の違いを痛感することになった。

そしてこれに付属するQHD-S5ASという雲台だが、推奨積載質量が4kg
先述のアルカスイス互換型なので、SBH-180 DSの小さなクイックシューやL型アングルもそのまま取り付けることが出来る。M6とRのクイックシューを付けっぱなしにできるというのはとてもありがたい。
現在のところこの「UTC-53UAS」という三脚がベストだと思える
唯一の心配事はウルトラロック式の耐久性だろうか




2本目の三脚

UTC-53UASという三脚で実際満足しているわけだが、私の場合、山に二台の三脚を持って行く時がある。(一般的ではないだろうが)
夜の滝や蛍を撮影する場合で、2台のカメラと2本の三脚を持ち込む。リュックはフリップサイド400AWを使っている。
その際のもう一本の三脚は前述のSLIKカーボンスプリント634FAなのだが、
フリップサイド400AWの縦寸法は425mm。一方カーボンスプリント634FAの縮長は565mm。
リュックのサイドにつけると15cmも上にはみ出てしまう。これではなんとも格好悪いし引っかかりやすい。
そこでもう一本縮長の短い似たような三脚が欲しくなった。

これまでの結論で、自分にとって
山用の三脚に最適なスペックは
 A) カーボン製22mm径、4段。(もしくはカーボン製26mm径、5段)
 B) 雲台反転式で縮長は400mm前後まで
 C) 雲台はアルカスイス互換の自由雲台
 D) クイックシューサイズは一辺40mm以上

ということがわかっている



そこで、新たに物色をしていて見つかったのがマンフロットのトラベル三脚、befreeアドバンスシリーズのMKBFRTC4-BH

  MKBFRTC4-BH

  MH494-BH

カーボン製22mm、4段、反転式自由雲台、縮長410mm重量は1250g
UTC-53ASよりも80gだけ軽い。最大耐荷重は8kgという記載(推奨積載質量ではない)
一番細い脚の径は11.2mm。ほぼすべての条件を満たしている。
ある件で、とある人からお祝いを頂くことになって、お祝いは何がいいかと聞かれたので、思わずこの三脚をおねだりしてしまった。
2脚目をまた同じUTC-53UASにしてもつまらないし、イタリア製のこの三脚、見た目が格好良い。
三脚の本体部分の材質はベルボンUTCと同じくマグネシウム製で理想的。

脚の伸縮はナット式。3つのナットを一度に緩めることが出来る仕様だ。
(ただしこの部分はベルボンやスリックのナット式で油断していて壊れた経験があるので安心はできない(すぐに治るけど)。昔のナット式のように、締めるときは根元から・緩めるときは先端からという順でひとつずつ回した方が多分良いだろう。このあたりは慣れたら1-2秒程度しか変わらない。ただしそれでもUTC-53ASのウルトラロック式と比べると伸縮に10秒は余計にかかると思う。)
慣れたナット式なので耐久性に不安も無いし、脚の径や段数もカーボンスプリント634FAと同じなので安定性に不安もない。

センターポールは丸ではなくオムスビ型で回転しない仕様になっているので、そのあたりはベルボンと比べると便利が良いときもあるが、上下分割式ではないために最低高は410mmとやや高め。
また、反転の際は一本一本ボタンを押さえながら反転しないといけないので、ベルボンのロータリーハブ式と比べるとちょっと面倒。
縮長を短くしなくていいような時は、反転せずにリュックに取付けることになりそうだ。
便利な点としては吊下げ用のフックが付いていること。風があるとき重りをぶら下げて動かないようにすることが容易だ。

尚この三脚、自分としてはMH494-BHという雲台に一つ困った部分があって、クイックシュー(200PL-PRO)はアルカスイス互換型なのに、雲台本体側がアルカスイス互換型となっていない。
つまりこのクイックシューを付けたカメラはUTC-53UAS等のアルカスイス互換の別の雲台に取り付けられるけれど、逆にこの200PL-PRO以外のアルカスイス互換のクイックシューはこのMH494-BHという雲台に取り付けられない。
そうなると複数のカメラを使う場合はちょっと便利が悪いし、先に買ったL型ブラケットが使用できなくなる。

というわけで、調べてみたところUTC-53UASの雲台であるQHD-S5ASがこのマンフロットの脚にも同様に取り付けられることがわかったので、結局雲台だけ同じQHD-S5ASに交換することにした。


  ベルボンUTC-53UAS   マンフロットMKBFRTC4-BH
全高 1505mm 1500mm
全高(EV無し) 1292mm 1270mm
最低高 288mm 410mm
縮長 350mm 410mm
縮長(反転なし) 500mm 520mm
収納時の直径 98mm 100mm
脚材質 カーボン カーボン
段数 5段 4段
脚径(1段目) 26.2mm 21.7mm
   (2段目) 22.4mm 18.2mm
   (3段目) 18.6mm 14.7mm
   (4段目) 14.8mm 11.2mm
   (5段目) 11.0mm -
脚ロック方式 ウルトラロック式 ナット式
脚反転ロック解除 ロータリーハブ式 ボタン式
本体材質 マグネシウム マグネシウム
質量 1330g 1250g
脚最大耐荷重 12kg(推奨積載荷重3.5kg) 8kg
雲台取付ネジ UNC1/4(細ネジ) UNC3/8(太ネジ)
吊下げ用フック - 有り
自由雲台 QHD-S5AS MH494-BH
 アルカスイス互換 ×
 ボール、トルク調整
 水平パン独立つまみ
 ベース側直径 37mm 40mm
 材質 アルミニウム アルミニウム
 最大耐荷重 (推奨積載質量4kg) 8kg
 質量 318g 330g
クイックシュー QB-6AS 200PL-PRO
 シューサイズ 11x52x44mm 10x53x42mm
 シューAS互換
 取付ネジつまみ
     
脚伸縮のし易さ
脚反転のし易さ
エレベーター上下のし易さ
振動収束(望遠レンズ時) 2秒未満 2秒未満
安定感(望遠時)


2019年現在ではこのマンフロットMKBFRTC4-BHという三脚と前述のベルボンUTC-53UASという三脚の2つが山用としてのベスト三脚。
マンフロットの方が僅かに軽量ではあるが、使い勝手の面から現在はベルボンの方を良く利用している。


今回これで全部で4つのアルカスイス互換の雲台を購入したことになったのだが、クイックシューについては70Dを含めた3台のカメラとEF400の三脚座の計4か所にその4つのクイックシューをつけっぱなしの状態で現在は推移している。
これで月虹撮影も少しは楽になるだろう。





ところで直性関係ないけれど
耐荷重とか積載質量とかメーカーによっていろいろな表記があるなかで、安定性の目安は何にしていいものかよくわからないものだ。
 SLIK・・・・・・・・最大搭載質量
 ベルボン・・・・・推奨積載質量
 マンフロット・・・最大耐荷重
 GITZO・・・・・・・最大耐荷重
この数値を出す基準は各メーカーが各々決めたものだから、同じものでもメーカーによって変わってくる。
昔はどんな三脚を使っているかでその人の腕がわかるなんて言われたものだけれど、
正直なところ、風が無いという条件で通常高さサイズの三脚ならば、カーボン22mm以上のものなら、バズーカレンズを使わない限りはまず大丈夫と考えていても良さそうな気がしている。
32mmのカーボン三脚だって、カメラに少し手を触れただけで揺れるのは、すぐ目で確認できるのだ。



さて、山用の軽量三脚だけでスプリントPROから数えてもう6本目。
そろそろ三脚沼ももう終わりにしたいと思っているところだけど、おさまるものかどうか・・・




    

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送