瓶ヶ森林道と高知北部の滝  (2008.10)
瓶ヶ森林道白髭の滝赤滝熊谷の滝小金滝銚子口滝銚子滝氷室の大滝程野の滝




2008年10月、2度にわたって四国の中央部へ行ってきた。
瀬戸大橋が半額になっている今、四国へ行くのはチャンスだ。

その中から高知の滝と瓶ヶ森林道の景色を抜粋。





瓶ヶ森林道 

瓶ヶ森(かめがもり)林道は四国最高峰の石鎚山から東に連なる四国山脈の尾根沿いを走る林道で、国道194号線寒風山トンネルを高知側に抜けた一の谷から石鎚山手前のよさこい峠までの約25kmのことをいう。
東から伊予富士(1596m)・東黒森(1735m)・自念子ノ頭(1702m)・西黒森(1861m)・瓶ヶ森(1896m)・伊吹山(1503m)の頂上付近を縦断する四国の屋根を走る道だ。
林道の最高地点は標高1690m。俗にUFOラインとも言われている。


全線一車線の舗装された道で対向車が来ると広いところで停まってすれ違わなければならない。
だからこの道を通るときは出来れば朝早く東側から通るほうがいい。山から下ってくる車がいないからだ。
帰りは伊吹山から石鎚スカイライン側に降りる方が道が広いので無難だと思う。
もちろん天気には充分注意が必要。せっかく行っても雲の中で何も見えないなんてこともある。
今回2回の四国で2度ともこの林道を走ってきた。

伊予富士(10/12) 自念子ノ頭(10/12) 自念子ノ頭(10/25)
西黒森(右)・瓶ヶ森(左) 西黒森・林道最高地点より(10/12)
西黒森・林道最高地点より(10/25) 瓶ヶ森Pより石鎚山 案内板
瓶ヶ森(10/12) 石鎚山(右:弥山、左:天狗岳) 子持権現山(10/12)





白髭の滝 (地図

大豊ICから早明浦ダムへ向って走り、ダムの手前で県道264号線に入り約13km。
県道沿いに案内板があるので行くと、水があまり流れていなかった。






赤滝 (地図

白髪の滝からさらに北に2km弱進むと桑ノ川橋がある。
これを渡って桑ノ川林道を約3km進むと対岸に赤滝が見れる。
途中から未舗装となるので運転には注意が必要。
近くにいけないのは残念だがとても綺麗な滝で行ってよかったと思った。落差は60m。
岩肌に赤い苔が付いて赤く見えることから赤滝と名が付いているらしい。






熊谷の滝 (地図

早明浦ダムから県道17号線を西に進んでいると対岸にこの滝を見ることが出来る。
道路からの遠望となるので見落とさないように





小金滝 (地図

落差100mの大型の滝だ。
こちらは県道17号線に案内が出ているのですぐに場所はわかるが、下に小滝があるのでそれと間違わないようにする必要がある。(サムネイル右端)
小金滝橋まで下がって見たほうが良く見える。
なお約30分かかるようだが、トイレの横から滝下まで行く道があるらしい。





銚子口滝 (地図

小金滝からさらに西に約3km進み、左にみえる吉野川橋の上に立つと、吉野川本流に直接落ちる銚子口滝をみることができる。落差は25m。電線がちょっとじゃまだ。尚、川口の滝は吉野川右岸へ合流する川の方にある。





銚子滝 (地図

吉野川橋から西に0.7kmで右折、平家平登山口の方へ1.5km進むと右手に銚子滝を見ることが出来る。
落差は25m。ただしここからは本滝の下半分しか見えない。
全貌を見るには岩場を巻いてあがっていく必要がある。
今回はパス。

なお、右の写真はさらに上流にある奥吉野渓谷。





氷室の大滝 (地図

国道194号線長沢から県道40号線をよさこい峠方面に向い約16km。
吉野川の源流に近いところに氷室の大滝がある。落差35m。
別名を大滝(おおたび)の滝・秋切の大滝ともいう。
ここは氷瀑でも有名。一度見てみたいものだ。






程野の滝 (地図

ここまでの滝はすべて吉野川水系であったが、程野の滝は仁淀川水系だ。
程野の滝とは実はそういう名前の滝があるわけではなく、東滝・西滝(赤滝)・権現滝・大樽の滝の4つの滝の総称ということだ。
連なった断崖に約500m間隔で4本の滝が落ちてきている。
いずれも長時間歩けば滝下らしきところまで行くことが出来るのだが、ひとつの滝は途中で何段にも区切られていて、どこからどこまでが実際にその滝なのかわかりにくい。山の高さ自体は400〜500mなので、総高さと考えれば全部落差400mと捉えることも出来るのだ。
僕は程野の滝はむしろ遠望で見たほうがこれらの滝のスケールを感じることが出来るのではないかという気さえする。

国道194号を長沢から南下して新大森トンネル・枝畝トンネルと二つのトンネルを抜けると視界が開けてくる。
実はその国道194号から程野の滝が見えてくるので注意が必要だ。
まずはこのあたりに車を停めて遠望するのが良いのではないかと思う。
眼を凝らして見てみると西の滝・権現滝・大樽の滝の3本を同時に見ることが出来る。
 

遠望
大樽の滝 権現滝 西の滝

今回、西の滝へは歩いていってみた。グリーンパーク程野に向う道の途中に案内板があるので注意してみると良い。駐車スペースから山を登ること約20分。けっこうきつい道のりだった。
西の滝 西の滝の下の滝
東の滝 にこ淵




    
 

SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO