広島県中部の滝

2005年広島県の中央部、本郷町の仏通寺から「昇雲の滝」「女王滝」「瀑雪の滝」へ


昇雲の滝女王滝瀑雪の滝仏通寺の紅葉



昇雲の滝



昇雲の滝は本郷町の仏通寺から川沿いに上ったところにあり、ちょうど山陽道の高坂SAの南側あたりになる。
仏通寺方面から車を走らせると3台程度おける駐車場があり、そこから谷に200mほど下ると、滝の下部が見えてくるが、そこから石伝いに対岸にジャンプすると上の写真のように多段の落差51mの滝が見える。
反対岸の川沿いに登ってくるルートもあるが、そちらは歩く距離が長くなる。
落差51mとなると広島県下では5本の指には入る高さではないかと思うが、とても女性的な滝で見ているとなんか観音様のようにも見えてきた。


滝見園より




女王滝




女王滝は広島空港脇の中央森林公園から川沿いの遊歩道を500mほど下ると見える。
この道はそのまま下ると瀑雪の滝まで続いており、ハイキングコースにもなっている。
落差は25mでNHKの大河ドラマ「毛利元就」のタイトルバックで白馬がいたのがこの滝の中段だ。(もちろん合成だけど)
ただし、本当の毛利元就とは関係ないようである。





瀑雪の滝




県道33号線沿いに案内板と駐車場があり、そこから歩いて5分程度。
落差30mの豪快な滝だ。
この滝は小早川隆景や毛利元就も訪れたという記録が残っているらしい。
川の右岸にも渡り、少し写真を撮ってみた。





仏通寺(紅葉)




そろそろ仏通寺の紅葉の時期だということで、この日はまず一番に朝8時過ぎに仏通寺に行ってみた。
既に第一駐車場は満車で多くのカメラマンが三脚を手に太陽の日が指してくるのを待ち望んでいた。
紅葉はまだもう少し早いといった時期で(11/12)緑色の楓の木も多くある。
ポイントを探して歩いているうちにどんどん人が多くなり、落ち着いて撮影できる状態ではなくなってきた。
早めに引き上げることにするが、その頃にはもう駐車場は全て一杯で2km先の駐車場からシャトルバスが運行していた。
どうも前日の中国新聞で仏通寺の写真が掲載されたとのことで、そのせいもあるんだろうが三脚の数が木の数よりも多いような紅葉見物とはいかがなものか。
今週あたりはもっと見ごろとなり、カメラや三脚注意報が出ていることだろう。




    
 

SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO