東広島市の滝  

2011年9月23日、三原から東広島市の滝めぐりをした。
これまで行った滝とあわせて、東広島市の滝を整理。


・ どんどん淵の滝
・ 大幡(おおばん)の滝
・ しゃくなげの滝
・ 清滝
・ 鰐淵の滝
・ 武士の滝 
・ 吾妻子(あづまこ)の滝
・ 夫婦滝
・ 姫ヶ滝








どんどん淵の滝 (東広島市豊栄町安宿

どんどん淵峡は国道486号線を久井方面から甲田方面に向かって走り、豊栄町に入ってすぐのところ、左手にカッパのモニュメントがあるのですぐにわかる。
ここは河童伝説を初めいろんな伝説が残っているので調べたら面白いかもしれない。
椋梨川沿いの渓谷で遊歩道が整備されているので見るのは便利。滝自体は滝といえるほどでもないかも

 







大幡(おおばん)の滝 (東広島市豊栄町清武

県道341号線(吉原清武船)から北に入り豊栄池方面に向かうと道路沿い右側に「おばんの滝」という木の立て札がある。
道路からでも木々の隙間から連瀑帯を垣間見るは出来るが、正面から見るには藪の斜面を降りていかないといけない。

 

 






しゃくなげの滝 (東広島市福富町上竹仁

県道33号からクロボヤ峡に入り、さらにクロボヤ池方面に進むと左手にある。
道路が狭いので手前の上の原牧場あたりに車を停め、ハイキングをかねて歩くのもいいかもしれない。
クロボヤ峡では5月頃にシャクナゲが咲いてきれいなので、この名前がついたのだろう。

 







清滝 (東広島市八本松町飯田

八本松の街から程近く、ナビを頼りに山陽道を潜ってすぐのところに車を停め、そこから歩道を少し歩くと、左下にこの滝を見ることが出来る。
滝下へ行くには川を遡行しないといけない。

 






鰐淵の滝 (東広島市福富町上戸野

西条から北に国道375号を進み福富町に入ったすぐのところ、「わにぶちふる里品直売所」があるのでそこに車を停めて遊歩道をすこし歩くと見ることが出来る。
造賀川本流にかかる滝で水量が多く、なかなかの滝だ。
福富町の道の駅のHPによれば恋をした大蛇の伝説が残っているとのこと

 







武士の滝
 (東広島市西条町田口

広島大学や広島カンツリー倶楽部のすぐそばにあって滝があるとは思えないようなところにある。
道はちょっとわかりにくいので、ナビを頼りにするのが懸命。
古河川と温井川の合流地点のすぐ上、橋の真下にある幅広の滝。
名前は地名「字武士」(昔、武士が住んでいた)に由来するもの

 

  橋の上から川の合流地点を見る







吾妻子(あづまこ)の滝 (東広島市西条町御薗宇

こちらも武士の滝と同じく町中にあって、サイエンスパークのすぐそば、エリザベート音楽大学のすぐ脇ということで、とてもこれほどの滝があるとは思えない場所にある。
幅広で落差も15mあり、東広島市を代表する滝だと思う。
上にすぐ橋があるのがとても残念

 







夫婦滝 (東広島市安芸津町三津
 
ここからは以前行った滝。
夫婦滝は東広島呉道路の下三永インターから県道32号線を南下し、峠を越えて安芸津の町に入る手前を三津川沿いに左折、狭い道をしばらく進み昭和池を過ぎたあたりに立て札がある。
水量が少なく、自分が行ったときには残念ながら二条にはなっていなかった。

 







姫ヶ滝 (東広島市河内町中河内

河内駅から国道432号線を白竜湖方面に進むと、右手に椋梨川、そして深山峡があるが、そこから川を渡って対岸を少し登ったところに姫ヶ滝がある。
水量が少なくて水飛沫が上から落ちてくる感じの滝。
このときは虹を見ることが出来た

 

 






    
 

SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO