ラーメン現地調査 (2006.5)

味龍                                         場所:広島県福山市箕島町

駅前通を南にまっすぐ、ナタリーミュージアムを過ぎた右側、芦田川大橋への交差点の手前に尾道の味龍の支店が出来たので早速行って来た。
駅前通りは南へ行くと一貫楼から博多げんこつ・竜ちゃん・特に近くには根強い人気の栄華園があってラーメン通りとも言える激戦区だ。 
このお店、ぱっと見るとそれほど大きくない店かと思ったら、案外結構広い。
カウンター席・テーブル席・座敷とあるし50人程度はいけそうだ。
駐車スペースも横だけじゃなくて裏側にもあるので、よほどの混雑じゃなきゃそちらも大丈夫そう。

従業員は当日見えただけで8名いて若い人ばかり。
挨拶などはきっちり出来ていて味の蔵クラス。このあたりのラーメン屋ではピカイチかもしれない。
バイトが挨拶・受答えがちゃんとできない店はそれだけでイメージダウンだが、出来たばっかりだからか教育が行き届いていて気持ちが良い。

さてメニューを見てみる。

                 クリックすると大きくなります


味龍ラーメンが480円。味噌ラーメン(630円)や塩ラーメン(500円)もあるし、ご飯系も結構種類が有る。
醤油ラーメン一本ではやはり苦しいか・・・・

とにかく今回はスタンダードである味龍ラーメンとトッピングの煮玉子(110円)を注文。
あまり待たされること無く、良いタイミングでラーメンが出てきた。





スープの色は朱系列ぐらいの色で濃そうに見える。ラードの塊は有るけど尾道ラーメンにしては量が少ない。麺は平麺ではなく細い縮れ麺。このあたり朱系列とは違った方向だ。
チャーシューは薄いものが1枚。何故か煮玉子はチャーシューで隠してある。
あとはネギとメンマが少しだけ
480円だからまぁ許すか(^^;;

まずはスープを頂いてみる。魚の匂いがプンとする。この匂いは朱系よりやや強い。
聞くところによればトビウオの煮干からダシを取っているのだそうだ。
基本は鶏がら醤油プラス煮干の典型的尾道ラーメンには違いないのだが、見た目から想像したよりは醤油辛くなかった。
というか結構あっさりしていてあまりパンチを感じるものではない。第一印象としては昔ながらの味。
逆に言えばあっさり目が好きな人に向くスープなのかもしれない。
やや甘味が強く、この辺りだと一貫楼から満麺亭のラインに近いかも・・・

麺は縮れ細麺で、スープをなるべく絡ませるためにこういった手法をとっている気がした。
歯ごたえはプリプリの反対の低加水麺。灌水などの使用も少ない感じで黄色味はあまり多くない。
満麺亭のように麺の味で食べさせるのではなくスープの味で食べるラーメンだと思う。
あっさり目のスープはイヤミが無く、麺を一口食べてはスープを一杯飲むというサイクルになりがちだった。

メンマはしっかり味の付いた濃いもの。逆にチャーシューは箸休め程度か・・・



煮玉子は味はさほど浸み込んではいないものの半熟で上手くできている。
僕好みの状態で旨かった。


もうラーメンも終わりかけというところで麺の短い2〜3cmのものが丼の底に多く残っているのが気になった。
僕は箸で掴んだ分は必ず全部食べきる主義なので、おそらく最初から短いものが多く入っていたということだろう。
これだけ細くて縮れていてさらに加水量が少ないと麺が切れやすいのは仕方ないのかもしれないが、あまり気持ちのいいものじゃないので、出来たら最初から排除してもらいたい気がする。

そこでふとテーブルに「ラーメン醤油」なるものがあることに気がついた。
なんだこれはと思いスープに入れてみる。
するとどうだ、急にスープにパンチが出てきた。
ちょっと朱系列のスープの味に近付いてきた感じ。
そういえば朱華園はラーメンを作るとき最後に数cc醤油をスープに追加するなぁ・・・と思い出したりして・・・(^^;;

このことを早く気付くべきだったとその時になって後悔。このスープで麺をもう少し食べてみたかった。
次にくるときは半分食べたところでこの「ラーメン醤油」を入れてもう半分食べてみよう。


結果的には久しぶりにラーメンのスープまで完食!
また行ってみたい店が増えた。





この時連れはもやしのトッピングを選んだが、もやしのせいか余計に味を薄く感じたらしい。
もやしをトッピングする場合こそラーメン醤油を早めに入れるべきなのかもしれない。
なお、もやしそのものはちゃんとヒゲを取ってあって及第点だった。

再訪

3日置いて連れと夜に再訪、店の前に10名程度行列ができていた。
味龍ラーメンとチャーハンと餃子をを注文。
今回、ラーメンは魚の匂いは前回ほど感じず、スープはやや醤油辛くなっている気がした。
前回の懸案だった「ラーメン醤油」を後半追加したがコクが増したイメージ。僕は少し追加した方がベター。
ただ少ししつこくなるのであまり多くは入れないほうがいいかもしれない。
連れはこれ以上辛くない方がいいということで追加せず。
このアイデアは一般に受けるかもしれない。


ギョーザについてはあまり印象はなかったが、チャーハンはなかなか旨い。

この店、流行るに違いない。

再訪 2012.3.24

 鶏濃つけ麺(並) (800円)

 ちょっと変わった感じのするつけ麺
 不味くは無いけどインパクトは無かった
 濃厚煮干しらーめん(750円)

 このラーメンはインパクトがあった
 本当に濃厚で、福山では他では
 食べられない味。旨い。


再訪 2012.8.26

塩ラーメンをいただいた。
 

インパクトはさほどないものの上品で美味しいスープ。
細麺とのバランスも良好だ。
チャーシューはニシニシする感じ。味玉は相変わらず味がしみていない
飲んだ後には欲しくなるような塩ラーメンという印象だった。

営業時間  (当面) 11:00〜15:00
             17:00〜22:00
定休日    月曜日

 
    

SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO